よくあるご質問
  • Hawaiiの不動産探しをお手伝い
  • 今月のおすすめ物件
  • Stuff Blog
  • 私がHawaii をおすすめする理由
  • Hawaii 情報
  • フォトギャラリー
  • facebook
  • Coldwell Banker Pacific Properties

Hawaii Office
Kapolei Commons
4460 Kapolei Parkway,
Suite 310
Kapolei,HI 96707
cel : 808-386-5176
fax : 808-748-2053

FQA

Q. ハワイで不動産を購入したらハワイに住まなければいけないのですか?

居住目的でなくても不動産の購入は可能です、ホテルレンタルプログラムを利用して日本に住んでいながらハワイで収益を上げている方も沢山いらっしゃいます。

Q. ハワイのコンドミニアムは幾らくらいで買えますか?

地域や部屋のタイプによって大きく異なりますのでまずはハワイの不動産会社に所属するエージェントに相談してみると良いでしょう。

Q. ハワイの不動産を個人名義ではなく法人名義で購入することは出来ますか?

物件の調査費、エスクロー、弁護士による書類作成費用、不動産権利証保険費用などありますが、目安としては売買価格の1%程度の諸費用が必要です。買うときには仲介手数料がかからないところや、不動産所得税がないところは日本とは異なります。

エスクロー会社とは何ですか?

エスクロー会社は買い主と売主が同意した契約書に従って、登記までの手続きを第三者の立場で代行する会社です。双方がエスクロー会社を利用する事に寄り、安心して登記が出来ますので、エスクロー会社に支払う手数料は半分ずつ、となります。

Q. ハワイの不動産はローンで購入することが出来ますか?

ハワイの銀行ローンを利用して日本在中の方でもハワイの不動産を購入することは出来ます、しかし、日本でマンションを購入するときのような「売買代金全額借り入れ」は無く、購入額の30%の頭金が必要です。

Q. 日本人でもハワイで銀行口座を作ることは可能ですか?

可能です、海外では銀行口座を作るのは難しいと言われていますが、ハワイでは可能です、ハワイで不動産を購入する前に、銀行の口座を作っておくと良いでしょう。

Q. ハワイで購入した不動産は将来売ることが出来ますか?

出来ます、購入する際に売却しやすい物件を選ぶことによって、売るタイミングによっては利益が出ることもあります。

Q. ハワイの物件を運用して収入を得るとハワイでの確定申告が必要になるのですか?

確定申告が必要になります。アメリカ連邦およびハワイ州に申告をします、所得税のほかにも、GET(売上税)やTAT(ホテル宿泊税)を納税する義務が発生しますので、購入されたらアメリカの税金番号(TIN)を会計士さんに依頼して取得します。税金番号は一度取得しましたらずっと同じ番号を使用できます。

Q. 実際に物件を見せてもらうことは可能ですか?

ハワイに不動産を購入される予定を決められましたら、あらかじめ、予算、購入されたいエリア、を不動産エージェントに伝えて、事前に物件を見せてもらうアポイントを取ってもらいます。

Q. 購入手続きのためには何回くらいハワイに行く必要がありますか?

譲渡書類(日本で言う権利書)以外は、ファックスやEメールでの送付も可能ですので、日本にいながらにしてハワイの物件購入手続きは可能となります。

Q. 購入の申し込みから引き渡しまでどれくらいの期間がありますか?

現金での購入の場合は、通常で1ヶ月程度です、条件によって異なりますが1ヶ月未満で引き渡し可能ということもあります、ローンでの購入の場合は、一般的には45日から60日程度の期間がかかります。

Q. 夫婦で共有でハワイの不動産を購入することは可能ですか?

可能です。
権利証の所有形態には大きく分けて4つの方法があります。

1.テナンシー. バイ ザ セベラルティー
 一人で所有する方法です。所有者がなくなった場合、この人の相続人が相続します。

2.テナンシー バイ ザ エンタイアティー
 ご夫婦名義で所有する方法です。 
 片方の人がなくなった場合、自動的にすべての権利がもう片方の生存者に移行します。

3.テナンシー イン コモン
 始めから権利の割合を明記して(等分でなくてもよい)何人でも共有名義で所有する方法。

4.ジョイント テナンシー

 権利の割合は平等で、何人でも共有名義で所有する方法。
* 権利証の所有形態は弁護士のアドバイスをもとに決められるのがよろしいかと思います。
ページのトップヘもどる